お墓を探そう!「シニアのためのお墓探しサービス」信頼できる対応と豊富な情報が特徴です! HOME お墓の選び方 供養のマナー 御用聞きとは

正しいお墓の選び方

墓地選びから施工までの流れ | 墓地の種類 | 墓石の区画 | 墓石のデザイン | お墓を買う時の注意事項

墓石のデザイン

墓石の形や大きさに決まりはありませんので、原則的に予算が許せば自由に形を決めることができます。しかし、墓地には区画が定められていますので、その区画に収まる大きさということになります。また、墓地によっては形式についてある程度の規制をしている場合もあります。
人々の考えや好みの多様化によって、ニューデザインの墓石も登場し、墓石の形態も多様化しています。墓石は現在、以下のように大きく3つのタイプに分かれます。

和型墓石

江戸時代から広く使われてる伝統的な墓石です。現在も日本の墓地の多くはこの和型です。一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台石、中台石、そして一番下に芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)、あるいは敷石を置かない三段構造(和型三段構造)が基本構造です。
和型墓石が現在も日本のお墓で最もポピュラーで、主流なのは、見た目も安定感がって美しく、さらに昔からのお墓ということで親しみやすさがあるからでしょう。しかし、時代とともに和型墓石も様々な加工が加えられ、最近は伝統的な外観ながらもモダンさを取り入れたものもあります。

洋型墓石

見た目がモダンです。しかもお墓としての格調も高いので、最近増えているようです。
ひとことで言えば、カーデニング霊園や西洋風霊園の出現によって登場した墓石と言えるでしょう。また芝生に直接、洋型の墓石を置く芝生墓地も最近では多く見られるようになりました。写真のような洋型墓石をオルガン型と呼ぶ人もいます。この他、ストレート型、さらにはアメリカでよく見かけるプレート型などがあります。
洋型墓石には家名ではなく、「愛」とか「心」といった自分の好きな文字を彫ったり、レリーフをほどこす人たちもいます。それがよく似合うのが洋型墓石の特徴です。

ニューデザイン墓石

自由な発想で、個性を前面に出したモニュメントのような墓石も目につくようになりました。将棋が好きだった事から将棋盤の形をしたお墓、お酒好きだった故人を偲んで徳利型のお墓も登場しています。故人の自然観や宇宙観を表現した形もあります。ニューデザインの墓石が登場した背景には、人生の「総仕上げ」としてのお墓も自分らしくありたい、という強い思いがあるようです。「死後を含む自己決定権」という考えが、お墓の世界にも入ってきたといえます。
最近では、コンピュータを使って、お客さまにデザインを提案する所も増えてきました。完成品に近い状態で設計されたお墓を見ることができるので、オリジナルデザインのお墓を作る場合はとても便利です。